Categories

「レーザー加工機」導入しました。

純米大吟醸 神々(じんじん)のボトルにレーザー加工機で文字彫刻をしました。

より良いサービスを提供するために。

長年ディスプレイ業界に携わってきた当社ですが、「サービスの向上」「品質の向上」をどのような形で達成するのか。
ありきたりのものではなく、いかに商品に”付加価値”を付けるのかを考え、辿り着いた一つの答えが、
「レーザー加工機」の導入です。

ロゴや店名のプリントの依頼をいただきますが、ロットが必要であったり、少量でも原版の製作が必要であったりと、
コストが見合わないことも多く、やりたくてもできないという問題点がありました。

材質や形状の制約はありますが、数量が1個からでも加工が可能で、外注ではなく自社で機械を導入することにより、
お客様にご納得していただけるクオリティをスピーディーにお届けすることができます。

今回の事例では、大分市の株式会社LINES(ライネス)様からのご依頼で、
限定200本のプレミアム日本酒「純米大吟醸 神々(じんじん)」のボトル彫刻をいたしました。

大分の書道家の書かれた文字をスキャンして、データ校正を行い、シリアルナンバーを入れるため、
1本1本データと瓶を入れ替え製作いたしました。

シリアルナンバーが入ることで、世界で1本しかないという”付加価値”=プレミアム感を演出しております。

□information□
今後も加工事例をアップしていきます。 また加工動画もYouTubeにアップする予定となっております。

※商品に関するご質問・ご相談はMENUの『お問い合わせ』か、このページ下の『お問い合わせ』ボタンからお問い合わせください。

お問い合わせ

Share